HOME > 家庭向けサービス > 侵入手口を知ろう

家庭向けサービス

侵入手口を知ろう

例えば、こんな侵入手口への対策が必要!


特殊な工具をシリンダー部に差し込み、解錠する手口。

ドアの防犯対策の基本
ドアの錠付近にドリルなどで穴を開け、器具を 使ってドア内側のサムターン(ひねり金具)を回して解錠する手口。

窓の防犯対策の基本
ドアの隙間からバールなどを差し込み、ドアをこじ開けて解錠する手口。

窓の防犯対策の基本
工具などでシリンダー自体を破壊し、 錠内部の機構を操作して解錠する手口。

窓の防犯対策の基本
ドアの隙間からバールなどを差し込み、 ドアをこじ開けて解錠する手口。

窓の防犯対策の基本
窓ガラスを破ってそこから錠を開ける、 最も頻発する住宅侵入手口。

防犯補助錠

サムターン回しを防止する鍵の仕組みを、動画で見てみよう!
窃盗犯が侵入をあきらめる時間

侵入に5分以上かかると、窃盗犯の7割があきらめる!

防犯性を高めるための4つのポイント!

対象物の強化
ドアや窓などの耐久性を高め、侵入するまでに時間がかかるようにする。

監視性の確保
家の周囲を見通し良くし、センサーや防犯カメラで侵入経路となりそうな箇所を監視する。

接近の制御
容易に敷地内に入れないようにする。(例:塀、生け垣、マンションのオートロックなど)

領域性の確保
近所付き合いなどコミュニティ機能を高め、見知らぬ不審者が近づきにくい環境をつくる。

ご依頼・お問い合わせ
TEL. 076-262-0110
FAX. 076-223-6269
お問い合わせフォーム
↑トップページ